Yuki 2021年度新卒入社1年目

自分に相応しい文化と人を求め「カルチャーフィット」を軸に就活してみた結果

※この社員インタビューは2021年5月(入社2ヵ月目)のものです

 

私は、人や社内の文化がフィットするかどうかを軸に就職活動していたのに加えて、自分が大学で勉強してきたことに近いことを仕事にしようと、マーケティングに関係する業界に絞って出会った会社がハイファクトリでした。

 

何社も会社説明会に参加していたこともあり、社長自ら登壇しているのも珍しく、とても驚きました。社長ということもあったお陰で、大げさではなく、話す内容すべてに共感しました。私自身の就活の軸であった「カルチャーフィット」を、私以上に大事にしている会社であるということが分かったからです。

 

また、私は会社が大事にしている部分が、どれだけ社内に浸透しているかということも重視していました。社風や環境は選考時からある程度感じることができたので、入社してからギャップを感じることは無かったです。また、社長と近い距離で一緒に仕事ができることは、入社前から分かっていましたし、魅力のひとつだと思っていましたが、この距離の近さもカルチャーが浸透している理由の1つだと今は感じています。

今まさに、社会人としての試練の真っ最中。もらっている給与以上のパフォーマンスを目指す

働くことに対しては、接客業のアルバイトの経験もあったので理解していたつもりでしたが、責任の大きさの違いについて、入社前と大きなギャップを感じました。アルバイトは自分がシフトに入った分だけお給料が出る。社会人になって、自分がもらっている給与以上のパフォーマンスができるかどうかなんだという意識に自然と変わっていきました。もらっている以上の働きが出来るようになることが、学生から社会人になる為の試練なんだなと。まさに今、越えなければいけない試練の真っ最中です。

 

また、毎日自分の育成担当の先輩からフィードバックしてもらう機会があるので、今の自分に何ができて、何ができていないのかハッキリわかるので改善はしやすいのですが、課題が明確になるのは、良い点でもあり、時にはキツイなと感じることもあります。

 

因みに、私はあまり顔には出ないのですが、とても負けず嫌いです(笑)。何かを出来るようになるまで、人よりも時間がかかることもありますが、だからこそ成長する為の努力は惜しみません。今の試練も、持ち前の負けず嫌いの部分を活かし、必ず乗り越えるつもりです。

どの会社に入社するのか「強い意志」をもって決められるかどうかが社会人の第一歩

入社してハイファクトリの営業を通して感じることは、得られるスキルが幅広いと感じています。社会人になって、早い段階で幅広いビジネススキルを得られるということは、とても自己成長に繋がる職種だと思っています。

 

選考中の学生の皆さんに伝えたいこととしては、私はこの会社に決めた理由について、最終プレゼンの中で「なぜこの会社なのか」「この会社に入ってどうなりたいのか」という入社意思を自分の言葉で自信をもってちゃんと伝えることが出来ました。

 

その結果として、いまの私が思うことは、自分が選んだ会社に対して後悔しないためにも、どこに入社するかを簡単な理由で決めずに、ちゃんと考えて自らの意思で決めたことが良かったと思っています。つまり、どの会社に入社するかを、強い意志を持って自分自身で決められるかどうかが、社会人になるための第一歩だと思います。

PROFILE

卒業年度 2021年3月
出身校・学部 明治大学 商学部
出身地 東京都