Satsuki 2019年度新卒入社3年目

私が強く望んだ「誰と働くか」は、自分にとって早く成長できるかどうか

私は、営業職に絞って就職活動をしていました。営業職を志望した理由は、色々な人に触れることができる点と、自分主体で能動的に行動したいという2つです。それよりも大事にしていたのは、会社選びというより「人」であり、何をしたいかといよりは、誰と働きたいかということでした。

 

なぜなら、自分が社会にとって役に立つ人間になるには、価値観を正しく磨き上げ成長していく必要があると考えていました。だからこそ、周りに信頼できる人がたくさん居た方が、より早く成長できると思っていたからです。

 

そんな私がハイファクトリを選んだ一番の理由は、会社説明会や面接で、代表の岩瀬とコミュニケーションをしているうちに「この人と一緒に働きたい」と強く思えたからです。特に面接では、私のパーソナリティについて、一緒に理解を深めていったことがとても印象に残っています。また、他のメンバーとも話す機会もあり、この会社で働ければ、間違いなく早く成長できると確信しました。

同期との成長のギャップに苦しむ中、支えてくれた「人」によって出せた答えとは

※2019年入社当時の写真

最も辛かったことは、1年目に目標達成が3ヵ月間出来なかった時です。同期が達成している最中、自分だけ中々結果が出ない状態。アポは獲れるけれども、まったく注文がない。日に日に焦りが増していきました。このギャップは一体なんだろうと、不安で仕方ありませんでした。

 

そんな時でも、課題をひとつひとつ毎日丁寧に教えてくれるトレーナーや、常に声を掛けてくれる他のメンバーの支えもあり、あるとき自分本位に仕事をしているということに気が付きました。私の成果や、感情はお客様に関係ない。落ち込むのではなく、ひとつひとつ自分の課題と向き合って、解決していけば良い。いま私に出来ることはそれしかないと、利己的な考えを持った状態の自分から抜け出すことができました。

 

それからは、お客様に喜んでいただくこと、期待に応えていくこと、ニーズを満たしていくことを常に考えていました。徐々にお客様も増えていき、ありがたいことに2年目で新人賞を獲ることができました。今では乗り越えたこの経験を自信に変え、日々の営業活動に勤しんでいます。

これからは後輩たちに向けても、3年目の私にしかできないことを実践していく

私がハイファクトリに入って本当に良かったことは、成長出来ている実感があることです。自分の強みが伸び、弱みの部分は受け入れて、カバーすることだけでなく、プラスに活かすことも、少しずつ出来るようになってきていると思います。

 

成長の実感ができている理由は、社内の「人」が思った以上に素晴らしい人達だったからです。社内のメンバーは、傾向として思考が深い人が多い。全員がひとつひとつの取組み、仕事に対して、しっかり考えを持ち、常に考え続けていることです。それは、東京オフィスだけでなく、茨城オフィスも含めて、尊敬できる人たちが揃っている。そのお陰もあり「気づき」が多く、自分の成長する機会が増え、成長の実感が持てているのではないかと思います。他の会社に入社していたら、おそらく全く違ったのではないかと。

 

3年目のこれからは、自分の仕事だけではなく、会社や同僚に対して出来ることや、後輩に対して出来ることを増やしていこうと考えています。これまでは、自分のことだけで精一杯だったのですが、社歴も長くなれば、影響を与える存在になっていきます。今年入社した後輩2人が、早く一人前になれるように支援していきたい。営業としての自信を持ってもらえるように、そして、何より営業を好きになってもらいたい。その為に、私が出来ることを全力でやっていきたいと考えています。

PROFILE

卒業年度 2019年3月
出身校・学部 昭和女子大学 人間文化学部 日本語日本文学科
出身地 埼玉県
受賞歴 ハイファクトリAWARD2020 新人賞受賞