Ayaka 入社8年目 人事採用責任者

サポート業務からの大抜擢!!社内初のリクルーターの現在(いま)

当時の私は、長く働くことのできる会社を探していました。前職での経験から、人の良さだったり、職場の人間関係が良い環境に身を置きたいと考えていました。

 

何社か選考を続けていた中で、面接を受けて自分のイメージにフィットしていたのが、ハイファクトリでした。当時の私の課題も含めて「それも一緒に解決して成長していこう!」という社長の言葉で、ここで成長したいという気持ちが固まり入社しました。

正直、IT業界とかWeb業界には全く興味が無かったですね(笑)。難しいだろうけど挑戦してみよう!という前向きな気持ちはありましたが、自分の求めていたことが明確に「人」だったり「人間関係」だったので、入社した後のギャップも無く、とても良いタイミングで入社することができました。

 

また、入社当時は覚えることばかりで大変でしたが、社歴の長い人も多く、快く迎え入れてもらったことも凄くありがたかったです。

期待に応えたい思いと、プレッシャーとの葛藤の中、たどり着いた場所

当時私はサポート業務といって、契約中のお客様対応やバックオフィス業務を主に担っていました。そんな中、採用業務を少しずつ手伝うようになって1年程度経った頃に、新卒採用を開始するにあたって、人事採用の責任者としてオファーをもらいました。

 

当初は率直に嬉しい気持ちが強かったのですが、過去全く経験したことのない仕事。会社として先ずは、新卒採用を確立しなければならないプロジェクトでした。当然教えてくれる人も居ない、まったくの手探り状態の中、たった一人でこの役割を担っていけるのかという強い不安と、期待に応えたいという気持ちが混同していたのを覚えています。

 

いま思い返すと、試行錯誤しながら、ゼロから自分達で創っていくことは正直とても楽しかった。ベンチャー企業の醍醐味を味わえただけでなく、そもそも人を採用することは、組織が大きくなっていくこと。採用した人が活躍していく姿を見たり、自分が日々やっている業務が何に繋がっていくのか、会社の成長に自分が貢献できている実感があり、強いやりがいに変わっていきました。

キツい時でも支えてくれたのは、目の前にいる仲間たちの勇姿

人事業務という点では、入社したばかりの人に相談を受けることも多く、中には決して他言できない話まで聞かなければいけないこともあります。私は当初、相談者に同調し過ぎていて、一緒になって落ち込んでしまったり、メンタル的にキツくなっていくこともありました。

 

そんな時に、私を支えてくれたのが、同じ職場で頑張っている他のメンバーの姿でした。私が落ち込んでいる時でも、前向きに自分の目標と向き合い、さらにその先にもっと自分を向上させたいと、努力している人が目の前にいる。

 

他のメンバーも同じように、業務上切り離せないことは沢山ある中で頑張っていて、このまま仕方のないことや、そこに執着し過ぎても何も生まないと私自身が気がつくことができました。人事採用の役割ではあるものの、厳しい営業のセクションに身を置いていたことも、そう思えた一因にあると思います。

 

私は、事業計画に基づき、会社が掲げたビジョンに近づくように、人事としてビジョンと現実を結びつけることが最大の役割であり、社員からの相談、特に新入社員のメンバーからの相談も、人事として当然の役割であると今では理解しています。

育休からの復帰時の大変さも、貴重な体験として人事の糧に変えていく

また、プライベートでも、入社3年目に結婚と出産を経て、昨年育児休暇から復帰しました。復帰当初は、子どもと一緒にいたい気持ちと、働きたい気持ちの葛藤もあり、1年半ほど休んでいたブランクにとても苦しみました。仕事面では、周りのスピードに全くついていけていけず、体力的な部分においても、満足に働けていない自分に対して、悔しさで一杯になったのを覚えています。

 

さらに、保育園入園当初の娘は、なかなか慣れない環境で風邪を引きやすくなったり、熱が出るようになることがあり、仕事の途中でも迎えに行かないといけないことが多かったので、職場に迷惑をかけてしまっているのではないかと、罪悪感を感じていましたし、仕事・子育て・家事の3つを両立していくことが難しかったりと、思い出すだけで大変なことのオンパレードでした(笑)

 

今ではこの経験が、私が身をもって体験したことにより、これからのメンバーが同じような思いで苦しんでいたとしても、私にしかできないサポートができると考えていて、今も実際に育休中のメンバーからの相談を受けることもあります。育休からの復帰は誰にとっても切実で大変なものなであり、さらに自分自身で乗り越えなければならない部分が多いので、じっくりと長期的な視点をもって復帰していってもらいたいです。今後もそういったメンバーを、全力でサポートしていくつもりです。

採用担当として、学生へメッセージ

当社の採用サイトを見て頂きまして、ありがとうございます。

 

代表の岩瀬がよく言っている「ほぼ1社目で社会人形成される」「だから1社目が重要」というのは私自身も本当にそうだと思います。

 

私から学生の皆さんへ伝えたいことは、とにかく沢山の企業を見て、触れながら、自分の感性を磨いてほしいと思っています。きっと、触れていくうちに変わっていく部分と変わらない部分があって、変わらない部分は自分自身が拘っている部分だと思います。

 

その拘りの部分が当社の価値観とフィットするようであれば、当社こそ「人」に強い拘りを持って採用しているので、良いご縁に至るかもしれません。是非エントリーしてもらい、当社のこともしっかり見て触れて感じてください。あなたが感じることが当社のすべてです。

 

また、当社の選考では、何で当社なのか?何でこの業界なのか?何でこの職種なのか?を深く聞かせてもらいます。しっかり自分自信の考えを整理し、準備した上で面接に臨んでほしいと思っています。あなたの素直な気持ちをじっくり聞かせてもらい、あなた自身の個性や考え方に、私たちも触れていきたいです。

 

それでは、皆さんからのご応募お待ちしています!!

PROFILE

入社年度 2014年度 中途採用(8年目)
キャリア サービス業 事務・総務
職種 社長室 人事採用責任者